【Minecraft】どれがベスト?マイクラのマルチサーバー立て方【JAVA版】

ノビタ

こんにちは、ノビタ(@nobita0926)です。

以前、マイクラのマルチプレイをする際のお勧めのサーバーの立て方として、PC版(現JAVA版)で24時間稼働のマルチサーバーの作り方を解説しました。

マイクラでマルチプレイをするにはマルチ用のサーバーを立てなければなりませんが、その方法は外部のサーバーをレンタルすることだけではありません。

少なくとも自分のパソコンをマルチサーバーとして立てれば、お金をかけずにマルチプレイで遊ぶことは可能です。

ただ、ここでよく考えてほしいです。
お金をかけずに制限だらけの無料サービスを使ってプレイするストレスと、そこの注ぐ時間や自分のPCをマルチサーバーとして動かす時間のことを。

月に1,700円ほどの余裕があれば24時間稼働のサーバーを絶対に立てて欲しいと個人的に思います。
数人規模のマイクラなら月に900円のサーバースペックでもいいくらいです。

こうやって勧めるのには理由があります。

あまり考えられていない部分かもしれませんが、自分のパソコンをマルチサーバーにするのは意外とデメリットが多いんですよ。

自宅PCサーバーのデメリット
  • 自分のPCの電源を落とすとサーバーが落ちるので皆が遊べなくなる
  • だからといって24時間電源を入れておくと電気代がやばい
  • サーバー稼働中のパソコンで他の作業をするとマルチが不安定になる
  • 常時電源ONによりパソコンの寿命を浪費する

こんな感じです。
自分のパソコンをひたすらに消耗します。

ちなみに、私が借りてるサーバーでは1時間あたり2.5円のみの維持費で運営させてます。
1日あたり60円で、月1,700円ほど払っています。
数人規模のマイクラなら月900円でも可能です。

 

よーく考えてみてください。

 

自分のパソコンを24時間稼働させてマルチサーバーにしていたら、月1,700円どころじゃ済みませんw

 

なのでノビタ的には、しっかりとサーバーを借りて運営してほしいと思うわけです。

ここでサーバーを借りてマイクラを運営する際のメリットを見てみましょう。

サーバーを借りてマルチをするメリット
  • 24時間いつでも遊べる!(サーバー管理者が寝ていてもOK)
  • 電気代が掛からない!
  • WindowsでもMacでもサーバー管理が可能
  • 外出先からもネットさえあればサーバー操作が可能(外出先で荒らし対策もできる)
  • 知識がなくても誰でもマルチサーバーを立てられる
  • 自分のパソコンに負荷がかからない(消耗しない)

軽く考えられるだけでもこのくらいのメリットがあります。

ちなみにサーバーを借りてマルチプレイをするには、VPSと言われるレンタルサーバーを借りる必要があります。

私が使っているサーバーであれば格安で利用できますし、クレジットカードも不要で利用できます。

コンビニ払いやAmazon払いでも支払えるため、クレジットカードをまだ持てない学生でもサーバーを立てられます。

マイクラのマルチをやるなら絶対にオススメしたいサーバーです。

体験用サーバーを用意しました
実際に私が格安のVPSサービスで作ったマルチサーバーを公開しています。
サーバーアドレス:150.95.135.63:25565

↓下の画像をクリックでサーバーに飛べます↓

格安のVPSサービスは主に『さくらのVPS』と『ConoHaのVPS』の2大サービスが挙げられ、どちらもサーバーのスペックは同じです。
しかし『さくら』の方は初期費用がかかるので、安く使いたいのであれば『ConoHa』がおすすめです。
これらの2大格安VPSの比較については以前、記事を書いたので余談として紹介しておきます。

ConoHaとさくらで格安のVPSレンタルサーバーを比較して出た結論とは

とりあえず結論としては『ConoHa』がオススメです。

ConoHaであればマイクラ専用テンプレートもあるので、VPSを借りてからサーバーを立ち上げるまでも一瞬でできますよ(*‘ω‘ *)

 

ここまで外部サーバーを借りてマルチプレイをすることを進めてきましたが、

「週に数時間しかマイクラしないし、電気代1,700円も行かないわ!」という方もいるでしょう。

ごもっともです。

週に2〜3時間しかやらないのであれば、VPSを借りる必要なんてありません。笑

そういう、ちょっと気軽にマルチプレイを楽しみたいライトユーザーは、自分のPCをサーバーにする方法が最適解かも知れません。

ザックリな目安ですが、週に10時間以上やるのであれば24時間稼働させても電気代が掛からないVPSを借りてマルチサーバーを立てるのが良いと思います。

週に10時間以上やるなら:格安VPSをレンタルしよう

マイクラをプレイする時間は人によって違う

毎日決まった数時間だけ遊ぶとかのレベルならjar版などの自宅サーバーで十分かもしれませんが、自分が寝ている間に他の人にMinecraftをしてもらいたいと思ってる方や、
とにかく24時間365日常時稼働のマルチプレイをしたい自分のパソコンに負荷をかけずに大人数で快適に遊びたいなどと考えた場合はこの方法になります。

そもそもマインクラフトにはクリアという概念がなく、無限に遊べるゲームです。

時間を気にせず、思い立った時にプレイを始めて自由に過ごしながらプレイしていくスタイルなので、
決まった時間に区切ってプレイしていくスタイルはそもそものマイクラの面白さを薄めてしまっているのではないでしょうか。

それぞれのプレイヤーはそれぞれのリアルの生活があるので、生活リズムも異なります。

みんな好きな時間にログインして建造物をつくったり、冒険をしたり農作業をしたりします。

下の画像は私が一般公開している24時間稼働のサーバーの接続数を切り取ったものですが、ご覧の通りプレイする時間は人それぞれです。

みんなバラバラの時間にプレイしてることが分かります

これはマイクラのサーバーを運営してきて気が付いたことですが、マイクラではマルチサーバーを実世界と同じように常時稼働させておくのがベストである、と分かりました。

ちなみにサーバーは記事の頭の方でもおすすめしたVPSを利用して可動させています。

サーバー費用は月1,700円ほどですが、数人規模なら月900円ほどのプランでも良いでしょう。
月900円であれば1日あたり30円です。

[1.12.2対応]コピペで出来る!Minecraftのマルチサーバーをレンタルサーバーで作る方法 前編 [Win/Mac]

自分のPCでまかなうと結構お金が掛かる

改めていいますが、自分のPCをサーバーにすると自分のPCの電源が入ってるときしか遊べません。

大人数で遊ぶのは困難ですしパソコンへの負担も大きくなります。

さらに24時間365日稼働させていると電気代がかさみます。(・_・;)

私も自分のPCをサーバーにして24時間動かしていた時期がありましたが、やはり電気代はかなりかかってしまいました。

それでもマインクラフトはみんなが自分のペースで遊びたいゲームだと思いますので、なるべくなら常時稼働にさせておきたいです。

友人たちからも『夜中遊びたいときあるから、サーバー立ててほしい』と実際に言われたりすることもありましたが、そのときの電気代は1万円を超えましたw

いまサーバーにログインして遊びたいのに遊べない」というのはオンラインゲームでは大きなストレスです。

例え話ですが、誰だって大好きなオンラインゲームが会社の営業時間でしか接続できなかったら嫌ですよねw

そういった理由で私はサーバーを借りてマインクラフトのマルチサーバーを立てています。

これであれば24時間いつでも誰でも参加できますし、自分自身のパソコンの負担もゼロで痛みません。(∩´∀`)∩

月々の維持費もここまで述べてきたように、ConoHaのサーバーならば超格安です。

学生さんでマイクラをやってる方は特にプッシュしたいところです。

ちなみに、マルチプレイのパフォーマンスはレンタルするサーバーのメモリや、サーバーに使われてるドライブがSSDかどうかに関係してきます。

10人以下で快適に遊びたい場合は2GBメモリのプラン、MODを沢山入れたい場合は4GB以上のプランで借りると良いでしょう。

実際に私の後悔している体験サーバーで体感できるかと思いますが、10人程度であれば2GBで快適にプレイできるのが分かると思います。

良い機会ですので、既にマイクラでマルチサーバーを立てている方はレンタルサーバーでの快適な運営を検討してみてはいかがでしょうか\(^o^)/

[1.12.2対応]コピペで出来る!Minecraftのマルチサーバーをレンタルサーバーで作る方法 前編 [Win/Mac]

自分のパソコンをサーバーとして使う方法 その1 【exe版】

ココからは自分のPCのをサーバーにする方法の紹介です。

週に数時間程度しかプレイしないのであればこれらの方法が良いでしょう。

方法はとっても簡単です。

公式サイトから自分のPCをサーバーにするファイルをダウンロードして実行するだけです。

Minecraftのバージョンに合ったexe形式のファイルをダウンロードしてきて開くだけのお手軽マルチサーバーです!
(※旧バージョン1.9までの仕様で、現バージョンでは廃止されたようです。)

旧バージョンのマインクラフトで遊ぶならまだしもですが、これから更新されていく見込みはないので他の方法にしましょう。

自分のパソコンをサーバーとして使う方法 その2 【jar版】

現在、自分のPCをサーバーにしている方の多くがこの方法かと思います。

サーバー環境が自分のPCのハードディスク内にすべて入るので、設定の変更やMOD導入などがとてもし易いです。

ただデメリットとしては、自分のパソコンの電源がONの間しか友達と遊べない点や、それに伴い電気代が掛かるという点です。

公式のサーバーダウンロードページでjarファイルをダウンロードし、wikipediaの解説を見ながらやれば本当に一瞬でサーバーを建てられます。

しかし上述の常時稼働に不向きな理由がありますので、ちょこっとやる分には良いかもしれませんが、中長期的に見ると電気代も掛かる上にパソコンへの負担が大きくなります。

ちなみにexe版もjar版も、自分のパソコンをサーバーにするので処理能力は全てパソコン任せになります。
なので負荷のかかることをするとマインクラフトもパソコン自身もとても重たくなります。

例えば裏でサーバーとしてパソコンを稼働させながら自分はインターネットをするとします。

その際にマインクラフトで負荷が掛かることをするとインターネットをしてる自分も重たく感じますし、マインクラフト内も重くなります。

例として自分がネットをしてるときに、マイクラ内で大量のTNTを誰かが爆発させたときにパソコンが固まりましたw

こんな感じでJar版とExe版は自分のPCをサーバーにするのにはとても簡単ですが、長時間プレイをするほどレンタルサーバーを借りたほうがお得です。

自分のワールドデータも簡単に移行できるので、マルチサーバー運営者は是非ともレンタルサーバーでマイクラのサーバーを運営して欲しいところです。(*‘ω‘ *)

 

6 Comments

漆黒の闇ブラック(厨二)

こんにちは、ConoHaのVPSでPVE鯖を立てているブラックと申します。
質問です、PVE鯖を運営していると、MOBがたくさんいるので
引っかかってしまうのが鯖落ちです。
そんな時どうすればいいですか?
start.shでできると聞いたのですができなくて困ってます。
出来ればWinSCPを使った解説記事でお願いします。

返信する
『のまのまど』 運営管理人のノビタです

>>漆黒の闇ブラック(厨二)さん
コメントありがとうございます。
MOBが沢山居ることによってサーバーが落ちるようですので、サーバーのアクティビティモニタ的なものを見てみないとなんとも言えませんが、純粋にサーバーの処理能力が足りていないのかもしれません。

サーバーのメモリを更に上げるか、CPUのコア数を増やすかが根本的な解決になりそうですが、私もエンジニアでは無いので具体的な解決策をご提案できず済みません。

返信する
Example

Conohaのパスワードは完全に不要だと思うのですが、なぜ書かせているのでしょうか?(rootパスワードだけで良いと思う)
あとConohaよりも安く初期費用が発生しない、日本リージョン対応のVultrやlinodeといったサービスがあるにも関わらず、Conohaを使いたくありません

返信する
『のまのまど』 運営管理人のノビタです

コメントありがとうございす。

>>Conohaのパスワードは完全に不要だと思うのですが、なぜ書かせているのでしょうか?

すみません。
記事のどの部分について仰っているのか、読み取れませんでした。(*_*;

>>Conohaよりも安く初期費用が発生しない、日本リージョン対応のVultrやlinodeといったサービスがある
初期費用はConoHaも勿論発生しないのですが、ConoHaがそれら2つより勧められる理由は、安心感・使いやすさと導入敷居の低さだと思っています。

例を挙げると、

・マインクラフト専用のインストールパッケージがある
・完全な日本語の管理画面(サポートも日本語)
・クレジットカード情報が不要
・様々な支払方法に対応

このあたりでしょうか。

月々の価格も、ご提案いただいたものと僅かな違いしかありませんので、私はConoHaを使いたいというところですね。

とはいえ使いやすさは人それぞれですので、お好きなものを使えばいいと思います:D

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。