突き抜けてる人には行動力が伴う、突き抜け方のヒント 3パターン

世の中には多くの秀でた人、突き抜けている人が多くいます。

私の身近ですらパッと思いつく限りで何人かいます。

会社員をやりながら株だけで月100万円を稼ぐ新婚の友人や、中国の問屋街に行きオリジナルの美容商品を作って日本のAmazonで販売し月商2,000万を挙げる人や、ブログやアフィリエイトサイトのみの広告収入で世界中旅をしているノマドワーカーなど。

どれもはたから見たら、いわゆる突き抜けている人達で「羨ましい」と思えるものばかりです。

もしあなたがそういう生活をしてみたいと思うなら、ここで『自分も』と思うか、
『他人事だ』と思うかでそれが叶うかどうかが決定づけられる気がします。

少なくとも私が挙げた身の回りの例は、普通の人間にも実現可能だからです。

なぜなら現に私の友人らは、親族や一部の友人などに自身のノウハウを教え、同じ結果にはならずとも『成功』と言い切れる結果を出しているからです。

羨ましいと思ったなら、自分もやればいいだけなのです。
(ノウハウを教えてもらうという意味ではありません)

自分にはできない、やれない、時間もないという、やれない理由探しをしないことがまず大前提で必要です。

人より秀でるために、まず絶対的に必要なのは行動力です。

『羨ましいなぁ』
『自分もやれたらいいなぁ』
『きっと自分にはできなさそうだなぁ』

これではいつまで経ってもできません。
“あんなこといいな、できたらいいな” のまま終わってしまいます。

doraemon

では実際に突き抜けるにはどうしたら良いのか?

今日の記事の本題になりますが、これには色々な方法があると思います。

その中でも私自身が様々なコミュニティの中で突き抜けていた人を見てきて分かったことがありますので、それをお伝えすることでこれから行動しようとしている人のヒントになればいいなと思います。

Sponsored Link

突き抜けている人に見られるの3つのパターン

それではどうやって突出したら良いのかについてですが、突き抜けている人は大体が下記3パターンに当てはまります。

それぞれ説明していきます。

誰にでも出来るが、他の人よりも高いレベルで実践する人

みんなが平等に与えられている課題や仕事で、回りよりも良い結果を残す人いますよね。

Excelなどを使った、より品質の高い成果物等を出す人や、営業先に気に入られるために手土産になる資料や話を持って行く人など、具体的な話をあげるとキリがないですが、そういうタイプの突き抜け方です。

ただ、 ”誰でにも出来る事” なだけあり、競争相手は多いです。

ちょっとしたレベルの高さや気遣いレベルでは、まだまだ大勢の中の一部でしょう。

ただ突き抜けていく人は、些細な事でもまずはドンドン行動してトライアンドエラーを繰り返している気がします。

失敗をしないことも重要ですが、失敗を恐れずにまずは考えて即行動!というスタイルは相性が良い気がします。

しかしやはりライバルが多いため、3パターンの中では突き抜けるのが1番難しい気がします。

誰にでも出来るが、多くの人が気付いていない事を実践する人

『誰にでも出来るけど、多くの人がしていない事を実践』にも言い換えられる気がします。

個人的にはこの突き抜け方が1番おすすめです。

身近なところで言うと、アフィリエイトサイトなどで成果を上げてる人はこれに当たる気がします。

アフィリエイトメディアの運営は、技術的な部分は極々基本的なSEO知識だけで十分で、あとはテンプレートどおりやってもまずまずの収益は上がるので、初心者でも参入がしやすいです。

ただ、成果に結びつくまでに数ヶ月掛かるのは当たり前な世界なので、多くの人が結果が出る前に辞めてしまいます。

こういう人がドンドン脱落する中で、続けていくことは後々とても強みになります。
競合が少ないところで継続さえしていれば、結果はその内ついてきますから。

上述した、オリジナルの美容商品で月商2,000万を稼ぐ友人はこれでした。

私はAmazonで雑貨なども販売しているのですが、その友人に

『中国製の美容雑貨が凄い売れるんだよね』

と話したところ、有給をとって中国に行ってしまったんです 笑

その後、オリジナルのOEM商品を持ち帰って販売し大成功していました (゜o゜

行ける!という算段が立った時に実際に行ける(動ける)ってのは凄く大切なんだなと学ばせてもらいました。

誰にも出来ないことを実践する人

これは少し特殊で、継続的にこの路線で行くには才能などが必要な気がします。

他に引けをとらないようなスキルや閃きなどが必要になってくることでしょう。

実際に活躍している例だと、天才的なプログラマーや、コミュニケーション力の凄い営業マン、他には芸術家などでしょうか。

ただ、アイデア次第、目の付け所次第で突き抜けることが出来るため、自身もアンテナを常に張っておくことで思わぬタイミングから突き抜けることも出てくるかもしれませんので、意識はしておきたいですね。

やれない理由を探す人にならないこと

ここまで行動力がとにかく前提条件なくらい大切!と行ってきましたが、
実際は多くの人が、何かに理由をつけて行動しません。

現状に満足してしまっているからなのでしょうか。

個人的には『やればいいだけなのになぁ』と思ってしまうことがとても多いです。

例えば、『何か副業で稼ぎたい』という友人に対して、自分が実際に成功を体験しているビジネスのノウハウ幾つかを教えてもやりません。(変なビジネスはもちろん一つも勧めません 笑)

もちろん会社員をしながらできるものを案内しても、

『時間がとれないかも…』
『今は忙しいから落ち着いたら…』

などの、時間を理由にしてやらない人が最も多いです。

特に具体的な話をするとイマイチ乗り気にならない人が殆どです。

これは何故か、答えは簡単。

皆なんとなく楽にお金がほしい(結果を得たい)からです。

実際、超絶ブラック企業でもない限り、時間なんていくらでも作ろうと思えば作れるものです。

やれない理由にそれが上がってくるのは、実際はやる気が無い(=行動力が無い)ということなのでしょう。

ぶっちゃけ世の中で楽に儲かったり稼げたり、結果を得られるものなんて万が一程度しかないと思います。

現状で楽に儲かってる人がいるとしても、そのほとんどすべてがそれ以前にかなりの努力をして作り上げた仕組みのはずです。

なのでは私は声を大にして、『楽をしたいなら(楽をするための)努力をしようよ』とよく言います。

話が少しそれてしまいましたが、他人より突き抜ける為に最も重要なのは行動力です。

今お話したように、殆どの人が行動をしません。

殆どの人が、突き抜けたエピソードを聞いてもノウハウを知ってもそこで満足をして終わりです。

つまり、実際に行動するだけで突き抜けるチャンスはグッと増えるんです。

是非とも行動力を持って、上記3パターンのいずれかに当てはまるようなことを実践していって欲しいです。

きっと、気付いた頃には何かしらの結果が付いてくることでしょう。

失敗したと思ったらまたスグ次の行動に移せばいいだけでの話です。

楽をするためにたくさん動いて行きましょう。 : )

オマケ:突き抜ける人になるための推薦図書

大小のITベンチャー企業や、大手企業・中小企業で働いてきたことのある私ですが、そのいずれの企業でも「人より頭一つ抜けたいならこれは読んで学んだほうが良いよ」と薦められて来た本があります。

ものすごく有名な本なので「知ってるわ!」と言われてしまいそうですが念のため紹介しておきます。

影響力の武器 実践編
誠信書房 (2015-07-10)
売り上げランキング: 2,328
はい、有名ですね。『影響力の武器』です。
その『実践編』がKindleでも出ていました。

“全ての悪徳商法はこのノウハウを適用している” と言われるくらい、人間の心理的な部分を組み解居ている本です。

逆を言えばこれを読んで頭に入れておけば、騙される人間にはならないことでしょう。
更に言うと、騙す側の人間になれる(人を操作する側の人間になれる)ということかもしれません。

ただこちらの本、かなり難しいです。読書に自信がある人が挑戦してみてください。

実践編ではない基礎編でも私にとってはかなり難解で、何度も読み直してしまいます。

そんな難解な基礎編を更に分かりやすくまとめた『影響力の武器』のまとめ的書籍も紹介しておきますね。

やさしく解説 5分で読める『影響力の武器』
(2013-08-12)
売り上げランキング: 43,724