Suica決済やクレジットカード決済をスマホで!iPhoneとiPadの決済代行システム『Airペイ』がスゴイ

ノビタ
こんにちは、ノビタ(@nobita0926)です。

今日はECサイトや小規模〜中規模のお店を経営されている方に非常にオススメな、クレジットカードの決済代行サービス『Airペイ(エアーペイ)』をご紹介します。

必要なものはiPadかiPhoneのみ。
※決済端末(CAT端末)は実質無料で別途送られてきます。

月額固定費も無料決済手数料は3.24%〜最大3.74%という業界最安値クラスで、交通系電子マネーのSuicaやPASMOにも対応という、非常に良心的で神がかっていると話題スマホ決済サービスです。

しかも運営元はあのリクルートというお墨付きです!
超大企業であるリクルート社のサービスなら誰しもが安心して使えますね。

簡単に評判になっている点をまとめると、AirPAYでこんなことが出来ます。

  • iPadかiPhoneがあれば誰でも簡単にスマホ決済ができる
  • 使用クレジットカードは全て決済可能
  • Suicaなどの交通系電子マネーも決済可能
  • 月額固定費なし
  • 決済手数料は3.24〜3.74%と業界最安値水準
  • 個人でも申し込み可能
  • フリマなどで、個人個人でカードやSuicaでの決済可能
私自身も個人事業主として自身のお店(ネットショップ)を保有しているので、内容を見てスグに飛びつきました!
ネットショップとは言え、稀に「近くを通るので直接商品を売って欲しい」というお客様もいたりするからです。

しかし、現金での支払いならまだしも、来店されたときに「カードで良い?」なんて場合もあったりします。
さらに最近では、コンビニなどちょっとした買い物にSuicaを使うケースも増えてきており、交通系電子マネーの需要も非常に高まっています。

公式サイトにある実際の導入事例を見ても電子マネーやカード決済が主流になりつつあるのが見て取れます。

公式サイト:Airペイ導入事例
ノビタ
確かに自分も、キオスクやコンビニは必ずと言って良いほどSuicaを使ってる…

カード決済や電子マネーが流通している現代では、もはやこれらの決済方法はマストになってきているのです。

そのため、ネットショップや小規模のお店だからと言ってこれらの決済方法を無視することは出来ません。
今やこれらの決済ができないのは大きな機会損失と言えるでしょう。

しかし、稀にしか訪れないカード決済やSuicaなどの決済ために、CAT端末を契約して保有しておくコストは正直バカらしいという気持ちもこれまではあったはずです。
特に私のような小規模なネットショップや飲食店では月額固定費はできるだけ掛けたくありません。

ですが、この『Airペイ(エアーペイ)』であれば、最初にメリットをまとめたように、そんな心配も不要なわけです。

固定費は常に0円で、決済した分の手数料のみが掛かるだけです。

また、決済端末も今なら実質無料で手に入ります!

決済端末の実質無料について
決済端末は正確には19,800円します。
現在はキャンペーンを行っており、端末代が全額キャッシュバックされるので実質無料ということです。
(キャンペーンは2017年4月2日まで)
ただ、月額固定費が一切かからないので、このキャンペーンが終わったとしてもサービス自体が超お得なことに代わりはありません。

「とりあえず持っておいて間違いない!」と言えるほどの魅力的なサービスですが、具体的にどんなサービスなのか、審査や必要書類はどうなっているのかなどを以下で掘り下げて見ていきましょう。

iPhone/iPadでカードやSuicaなどのスマホ決済ができる決済代行サービス

冒頭でも述べましたが、エアーペイはクレジットカードの決済を始めとした、交通系電子マネーのSuicaなども使える決済代行サービスです。
運営会社はあの有名なリクルート社となり、安全性や信用性が確かなサービスとなっています。

必要環境はiPadかiPhoneのみ!

iPhoneかiPadがあれば誰でもスマホ決済が可能になります。

スマホかタブレットかを用意して、専用のアプリをダウンロードすればスグに決済が可能です。

主要クレジットカードは一通り対応!

日本で流通しているクレジットカードのシェアのほぼ100%といえるのではないでしょうか。

VISAやMASTERカードを始め、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースも対応しています。

全国の交通系電子マネーもカバー

SuicaやPASMOを始めとした、全国の交通系電子マネーも対応しています。

ちょっとしたものほどこれらの電子マネーを使うシーンは多いため、非常に役立ちます。

『Apple Pay』『iD』『QUICPay』は今後対応

これから広く流通してくるであろう、Apple Payは現時点ではまだ非対応ですが、今後対応予定との公式発表があります。

また、『iD』やチャージ無しで使える『QUICKPay』なども対応予定とのことです。

キャッシュフローが早くて月額固定費は『ゼロ円』

何と言っても月額固定費が0円と言うのはとてもありがたいことです。
全く売上のない月などは、1円たりとも払わなくて良いわけですから。

さらに、売上の入金サイクルがとても早いのでキャッシュフローが良いと言うのも大きな特徴です。

初期費用も『ゼロ円』 端末代はキャンペーンで無料

AirPayは一切の初期費用がかかりません。

強いて言うならiPhone/iPadとペアリングして使うカードリーダー(決済端末)が19,800円するということくらいでしょうか。

ですが、今ならこの端末代がキャンペーンで実質無料で手に入ります。

固定で掛かるお金はこの端末代金くらいです。(4月2日までのキャンペーンを使えば全額キャッシュバックされます)
他に一切固定費はありません。

掛かる費用は決済ごとの『決済手数料』のみ

何度も申し上げますが固定費は一切かかりません。

AirPayを利用する上で掛かるお金は、決済時の決済手数料のみで、それも業界最安値水準の手数料です。

カードの銘柄によって微妙に違いますが、『JCB』『ダイナース』『DISCOVER』の3つのブランドのみ手数料が3.74%かかります。
他全てのクレジットカード・交通系電子マネーは手数料が3.24%です。

5日ごとに最大『月6回』の売上振込!更に手数料は『ゼロ』

入金サイクルは月6回あります!スゴイですよね。
週1回以上の売上入金がある上に、振込手数料が無料です。

ただし、月6回の振込を受けるには、『三菱東京UFJ銀行』『三井住友銀行』『みずほ銀行』のいずれかでなくてはなりません。
それ以外の銀行は月3回の振込になります。
※ゆうちょ銀行は受取口座には使用できません。

入金サイクルを表にすると下記のとおりとなります。

お振込設定口座 入金回数 対象期間 締日 入金日
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
月6回 前月末日~4日 5日 10日
5日~9日 10日 15日
10日~14日 15日 20日
15日~19日 20日 25日
20日~24日 25日 末日
25日~末日前日 末日 翌5日
上記以外の金融機関 月3回 前月末日~9日 10日 15日
10日~19日 20日 25日
20日~末日前日 末日 翌5日

とってもカンタンな決済フローはこんな感じ

まずはエアーペイ公式動画である下記の動画を見てみると、実際のスマホ決済が完了するまで一瞬でカンタンに終わっているのが分かると思います。
時間にして40秒ほどですね。

やはり現金でやり取りするよりスムーズです。

上の動画で行っていることを切り取って振り返ってみましょう。

STEP1:決済アプリホーム画面の『決済』をタッチする

決済アプリのホーム画面にある『決済』ボタンをタッチすると金額を入力する画面に切り替わります。

STEP2:支払い方法を選択し、金額を入力して『決済へ進む』をタッチする

支払い方法でクレジットカードや交通系電子マネーなどを選び、金額を入力したのちに『決済へ進む』ボタンをタッチします。
※動画ではクレジットカードしか表示されていませんのでご了承ください。

STEP3:決済端末にクレジットカードを挿入する

画面が切り替わったらカードリーダー(決済端末)にクレジットカードを差し込みます。

STEP4:お客様にクレジットカードの暗証番号を入力してもらう

クレジットカードの暗証番号を入力した後に、チェックマークの確認ボタンを押します。

補足:磁気カードの場合は方法が異なりサインを貰う必要があります

磁気カードの場合はこのように読み取らせます

ICチップのないクレジットカードの場合は、カードリーダーに上記の画像のようにしてカードを読み取らせる必要があります。
その場合、暗証番号の代わりにiPadもしくはiPhoneにお客様から指で書いたサインを頂く必要があります。

STEP5:『決済完了』の画面が出たら決済完了

画面中央に緑色の『決済完了』のマークが出れば蹴っさが完了です。
『ホームへ戻る』ボタンを押しホーム画面へ戻ります。

以上が決済フローです。

時間にして40秒ほど…、驚くほど簡単ではないですか??

申込みは個人(事業主)でも法人でも可能

AirPayの決済代行サービスは個人事業主でも法人でも申し込みが可能です。

それぞれで必要書類が変わってきますので以下に簡単にまとめておきます。

申込時の書類はPDFか画像かで申込時にアップロードすることになります。

個人で必要な書類

  • 運転免許証(表と裏)
  • 健康保険証(住所記載のもの)
  • パスポート(顔写真ページと所持人記入欄)
  • 住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 在留カード

法人で必要な書類

  • 登記簿謄本(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 履歴事項証明書または現在事項証明書の全ページ

以下の業種では許可証が必要なので注意!

以下の業種では法人でも個人でも別途許可証が必要になるのでご注意ください。

  • ペットショップ(動物取扱業登録証)
  • まつ毛エクステンション(利用美容院以外の方)
  • ヘアエクステンションショップ:施術(美容書の開設届)
  • 美容医療:保険外治療、病院、診療所(医師免許)
  • 旅行代理店(旅行業法に基づく登録証)
  • 個人タクシー(一般乗用旅客自動車運送事業許可証)
  • 運転代行業(運転代行業社認定証番号)
  • 古物を扱う店舗(古物商許可証)
  • 建設士事務所(建設士免許)

別途、業種によっては許可証を要求される場合もあるようです。
詳しくは申込みについて下記の公式ページをご覧ください。

メリットまとめ

いかがでしたでしょうか。

正直、何かを売る・買ってもらうことに対してこれほど魅力的なサービスは中々無いのではないでしょうか。

唯一ボトルネックになるとしたら、カードリーダー(決済端末)がキャンペーンを利用しないと19,800円だけ掛かるという点ですが、これも1回ポッキリの買い切りです。

この点だけクリアしてしまえば、あとはメリットしか無いと言えるでしょう。

ここまで書いてきたメリットを冒頭のメリットと併せてまとめると以下にまとめると下記の様になります。

  • iPadかiPhoneがあれば誰でも簡単にスマホ決済ができる
  • 使用クレジットカードは全て決済可能
  • Suicaなどの交通系電子マネーも決済可能
  • 月額固定費なし
  • 決済手数料は3.24〜3.74%と業界最安値水準
  • 個人でも申し込み可能
  • 個人個人でカードやSuicaでの決済可能
  • 5日ごとに振り込まれる圧倒的な入金サイクル
  • 決済手段による機会損失を誰でも極限まで減らせる
  • 決済にかかる手間は約40秒

正直、最強のビジネスの大小関係なしに最強の決済手段と言っても遜色はないレベルです。

特に早すぎるキャッシュフローは、ビジネスを行うすべての人に対して喜ばしいことかと思います。

カード決済+Suicaなどの電子マネー決済は網羅するべき

AirPayの良いところは交通系電子マネー(Suicaなど)の決済手段を個人でも法人でも持てる点です。

今の時代、クレジットカードを普段使いするユーザーよりもSuicaで支払いをする人が圧倒的に多いです。

にも関わらず、Suicaが使えるお店などは駅の中のお店の一部だったりとまだまだ少ないです。

理由は決済システム導入敷居の高さなどがありますが、この『AirPAY』ではそんなことがないわけです。

この新しく画期的な新サービスを、BtoCビジネスを行っている方々は見逃すことは出来ないのではないでしょうか。