クレジット決済の導入がスマホで出来る『エアペイ』が凄い【Suica・Apple Pay対応】

ノビタ

こんにちは、個人事業主のノビタです。

今日は店舗でお店を経営されている方に特にオススメな、クレジットカード決済サービス『AirPAY(エアペイ)』をご紹介します。

初めにお伝えしておきますが、エアペイは最近では当たり前となってきたSuica決済やQUICPay・Apple Payなどの電子マネー決済にも対応しています!

このクレジット決済を導入するにあたって必要な環境はiPadかiPhoneのみです。
※決済端末(CAT端末)は実質無料で別途送られてくるので、それとつなぐだけで簡単に導入できます。

簡単に導入できるだけでなく利用コストもメチャメチャ安いです!!
月額固定費は無料決済手数料は3.24%〜最大3.74%という業界最安値クラスで、交通系電子マネーのSuicaやPASMOにも対応という、非常に良心的なサービスです。

しかも運営元はあの超大企業、リクルートというお墨付きです!
カード決済に関わる部分なので、大手企業の安心感は嬉しいポイントです。

そんな、エアペイですが出来ることをまとめると下のような感じになります。

エアペイでできること
  • iPadかiPhoneがあれば誰でも簡単にスマホ決済ができる
  • 使用クレジットカードは全て決済可能
  • Suicaなどの交通系電子マネーも決済可能
  • QUICPayやApple Payにも対応
  • 月額固定費なし
  • 決済手数料は3.24〜3.74%と業界最安値水準
  • 個人でも申し込み可能
  • フリマでもつかえる!個人個人でカードやSuicaでの決済可能

こうしてメリットを羅列するだけでも、エアペイを導入したくなるほど魅力的ではないですか?

特に最近では、ちょっとした買い物にSuicaなどの交通系電子マネーの需要も非常に高まっています。

公式サイトにある実際の導入事例を見ても電子マネーやカード決済が主流になりつつあるのが見て取れますね。

参考リンク(公式サイト):エアペイ導入事例

エアペイではあのSuica決済までもが簡単に導入できてしまうのです。

ノビタ

確かに最近じゃコンビニはもちろん、外食ですらSuicaで払っていることが多いかも…

カード決済やSuicaなどの電子マネーが流通している現代では、これらの決済手段は必須になってきているのです。

そのため、小規模のお店だからと言ってこれらの決済手段を無視することは出来ません。

クレジット決済を始め、Suicaや電子マネーで払いたがる層も大きくなっています。

今やこれらの決済に対応できないのでは大きな機会損失をしていると言えるでしょう。

この『AirPAY(エアペイ)』であれば、固定費は常に0円決済した分の手数料が掛かるだけです。

決済端末も今ならキャンペーンを使って実質無料で手に入ります!

MEMO
キャンペーンについて
決済端末の価格は本来19,800円します。
しかし、現在行っているキャンペーンを利用すると、この端末代が全額キャッシュバックされます!
そのためので実質無料ということになります。

「とりあえず導入しておいて間違いない!」と言える魅力的な決済サービスと言えます。

それではエアペイが具体的にどんなサービスなのか、導入にあたって審査や必要書類はどうなっているのか、などを説明していきます。

iPhone/iPadでカードやSuicaなどのスマホ決済ができる決済代行サービス

冒頭でも述べましたが、エアペイはクレジットカードの決済を始めとした、交通系電子マネーのSuicaなども使える決済代行サービスです。
運営会社はあのリクルートですので、大手さながらの安心感があります。

クレジット決済に必要な環境はiPadかiPhoneのみ!

iPhoneかiPadがあれば誰でもスマホでクレジットカード決済が可能になります。

スマホかタブレットかを用意して、専用のアプリをダウンロードすればスグに決済が可能です。

主要クレジットカードは一通り対応!

日本で流通しているクレジットカードのシェアのほぼ100%といえるのではないでしょうか。

VISAやMASTERカードを始め、JCB、アメリカンエクスプレス、ダイナースも対応しています。

エアペイはSuicaも対応!

SuicaやPASMOを始めとした、全国の交通系電子マネーも対応しています。

ちょっとした買い物ほど電子マネーを使うシーンは多いため、非常にありがたいです。

Apple PayやQUICPayの決済にも対応!

エアペイではQUICPayやiDに関してはApple Payでの支払いも可能です!

入金サイクルがとにかく早い!月額固定費は『ゼロ』

何と言っても月額固定費が0円と言うのはとてもありがたいことです。
全く売上のない月などは、1円たりとも払わなくて良いわけですから。

さらに、売上の入金サイクルがとても早いのでキャッシュフローが良いと言うのも大きな特徴です。

初期費用も『ゼロ円』 端末代はキャンペーンで無料

AirPayは一切の初期費用がかかりません。

強いて言うならiPhone/iPadとペアリングして使うカードリーダー(決済端末)が19,800円するということくらいでしょうか。

ですが、今ならこの端末代がキャンペーンで実質無料で手に入ります。

固定で掛かるお金はこの端末代金くらいです。(4月2日までのキャンペーンを使えば全額キャッシュバックされます)
他に一切固定費はありません。

掛かる費用は決済ごとの『決済手数料』のみ

何度も申し上げますが固定費は一切かかりません。

AirPayを利用する上で掛かるお金は、決済時の決済手数料のみで、それも業界最安値水準の手数料です。

カードの銘柄によって微妙に違いますが、『JCB』『ダイナース』『DISCOVER』の3つのブランドのみ手数料が3.74%かかります。
他全てのクレジットカード・交通系電子マネーは手数料が3.24%です。

5日ごとに最大『月6回』の売上振込!更に振込手数料も『ゼロ』

入金サイクルは月6回あります!スゴイですよね。
週1回以上の売上入金がある上に、振込手数料が無料です。

ただし、月6回の振込を受けるには、『三菱東京UFJ銀行』『三井住友銀行』『みずほ銀行』のいずれかでなくてはなりません。
それ以外の銀行は月3回の振込になります。
※ゆうちょ銀行は受取口座には使用できません。

入金サイクルを表にすると下記のとおりとなります。

お振込設定口座入金回数対象期間締日入金日
みずほ銀行
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行
月6回前月末日~4日5日10日
5日~9日10日15日
10日~14日15日20日
15日~19日20日25日
20日~24日25日末日
25日~末日前日末日翌5日
上記以外の金融機関月3回前月末日~9日10日15日
10日~19日20日25日
20日~末日前日末日翌5日

とってもカンタン!決済方法はこんな感じ

エアペイの公式動画である下記の動画を見てみると、決済が完了するまで一瞬なのが見て分かると思います。
時間にして40秒ほどですね。

やはり現金でやり取りするよりスムーズです!


それでは上の動画で行っていることを1つずつ振り返りながら見てみましょう。

STEP1:決済アプリホーム画面の『決済』をタッチする

まず、決済アプリのホーム画面にある『決済』ボタンをタッチすると金額を入力する画面に切り替わります。

STEP2:支払い方法を選択し、金額を入力して『決済へ進む』をタッチする

次に、支払い方法でクレジットカードや交通系電子マネーなどを選び、金額を入力したのちに『決済へ進む』ボタンをタッチします。
※動画ではクレジットカードしか表示されていませんのでご了承ください。

STEP3:決済端末にクレジットカードを挿入する

画面が切り替わったらカードリーダー(決済端末)にクレジットカードを差し込みます。

STEP4:お客様にクレジットカードの暗証番号を入力してもらう

クレジットカードの暗証番号を入力した後に、チェックマークの確認ボタンを押します。

補足:磁気カードの場合は方法が異なりサインを貰う必要があります

磁気カードの場合はこのように読み取らせます

ICチップのないクレジットカードの場合は、カードリーダーに上記の画像のようにしてカードを読み取らせる必要があります。
その場合、暗証番号の代わりにiPadもしくはiPhoneにお客様から指で書いたサインを頂く必要があります。

STEP5:『決済完了』の画面が出たら決済完了

最後に画面中央に緑色の『決済完了』のマークが出れば決済が完了です。
『ホームへ戻る』ボタンを押しホーム画面へ戻ります。

以上が決済フローになります。

 

時間にして40秒ほど… 驚くほど簡単ではないですか??

申込みは個人でも法人でも可能

AirPayのカード決済サービスは法人はもちろん、個人事業主でも申し込みが可能です。

それぞれで必要書類が変わってきますので以下にまとめておきます。

申込時の書類はPDFか画像で、申込時にアップロードするだけです。

個人で必要な書類

  • 運転免許証(表と裏)
  • 健康保険証(住所記載のもの)
  • パスポート(顔写真ページと所持人記入欄)
  • 住民票(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 在留カード

法人で必要な書類

  • 登記簿謄本(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 履歴事項証明書または現在事項証明書の全ページ

以下の業種では許可証が必要なので注意!

以下の業種では法人でも個人でも別途許可証が必要になるのでご注意ください。

注意が必要な業種
  • ペットショップ(動物取扱業登録証)
  • まつ毛エクステンション(利用美容院以外の方)
  • ヘアエクステンションショップ:施術(美容書の開設届)
  • 美容医療:保険外治療、病院、診療所(医師免許)
  • 旅行代理店(旅行業法に基づく登録証)
  • 個人タクシー(一般乗用旅客自動車運送事業許可証)
  • 運転代行業(運転代行業社認定証番号)
  • 古物を扱う店舗(古物商許可証)
  • 建設士事務所(建設士免許)

別途、業種によっては許可証を要求される場合もあるようです。
詳しくは申込みについて下記の公式ページをご覧ください。

まとめ

クレジットカード決済をこれだけ簡単に、ローコストで導入できるエアペイはメリットだらけです。

しかし、少しだけ気になる点もありました。

それは、カードリーダー(決済端末)がキャンペーンを利用しないと19,800円だけ掛かるという点です。

しかしこの部分は、キャンペーン期間に申込みをすれば無料になるので気にすることは無いと言えます。

つまり、現時点ではメリットしか無いということです。

ここまでのことをまとめると以下のようになります。

メリットまとめ
  • iPadかiPhoneがあれば誰でも簡単にスマホ決済ができる
  • 使用クレジットカードは全て決済可能
  • Suicaなどの交通系電子マネーも決済可能
  • 月額固定費なし
  • 決済手数料は3.24〜3.74%と業界最安値水準
  • 個人でも申し込み可能
  • 個人個人でカードやSuicaでの決済可能
  • 5日ごとに振り込まれる圧倒的な入金サイクル
  • 決済手段による機会損失を誰でも極限まで減らせる
  • 決済にかかる手間は約40秒

控えめに言っても… めっちゃ便利です!!

正直なところ、手軽さを考えると最強のカード決済サービスと言っても過言ではないと考えられます。

特に月に6回入金サイクルは、みんながみんな喜ぶはずです。

小さいながらもお店を持つ者として、クレジットカード決済の導入を検討されている方にはエアペイを強くオススメします。