中国輸入を始める [準備編] その1 | 大口出品者でAmazonアカウントを開設する

こんにちはノビタです。

Amazonで副業を行っていくのには当然ですが、様々な準備が必要です。

瞬間的にできるものから、中には申請等をしてから実際に使えるようになるまで1週間単位の時間がかかるものまであります。

これからの参入を考えていらっしゃる方はこの記事を見て早めに取り掛かりましょう。

【準備編】と称して、連載形式で書いていきます。

…の予定でしたがこの記事の連載は保留にします。需要が出てきたら書こうかなって思います!

Amazonに出店するためにアカウントを作ろう

当然のことながらこれが無いと始まりません。

まずは自分のお店をAmazonに出店しましょう!
(下記リンクから登録が可能です)
http://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/services-overview.html

Amazonに出店する際に、小口出品者と大口出品者(FBA発送に対応)を選ぶことができますが、
必ず大口出品で登録をして下さい。

大口出品者は最初の3ヶ月が無料になるとは言え、月額4,900円のランニングコストが掛かります。

費用がかかるのは新規出品者や初めての副業をする人にとって抵抗があるかもしれませんが、
Amazonにおいては圧倒的に大口出品者が優遇されているので販売実績のない方であればなおさら大口出品をオススメ致します!

大口出品(FBA)のメリット

注文確定後に自動で即日発送してくれる!

大口出品者登録をすると、Amazon倉庫に商品を納品することが出来るようになります。
こちらに商品を納品することで、出品者である我々は消費者に対してAmazonと同等のサービスを提供することができるようになるのです!
このサービスはFBAと呼ばれており、梱包作業や発送業務をAmazonが代行してくれるというものです。
これにより私達出品者の配送業務は 『Amazon倉庫に商品を納品するだけ』 に絞ることができ、多くの時間を担保することができます。

圧倒的にカートボックスが獲得しやすい!

ご存知でない方もいらっしゃるかもしれませんが、Amazonの商品ページは大抵の場合多くの出品者がカートボックスを取り合っています。
カートボックスの獲得条件ですが、これはAmazon独自のアルゴリズムがあるため公表はされていませんが、価格が安く、購入者に速やかに発送され、実勢のある店舗が優先的にカートを取る傾向にあります。
特に重要度が高いのが、購入者へ速やかに発送される(早く届く)ことだと思われます。
下の画像を御覧ください。※クリックで拡大できます。

ご覧の様に 1番安い価格を提示しているセラーがカートを獲得していません
価格差が1,000円近くもありますが、2番目に安いFBA発送に対応したセラーがメインのカートボックスを取っていることが見て取れます。
こにょうにFBAであればFBAでない出品者より高値で商品を置いていても、カートを取る確率がグッと上がります。
つまり圧倒的に商品が販売しやすいということになるのです。

高性能なビジネスレポートが見れます!

大口出品者であれば、自分が出品しているアイテムに何人の人が何回商品を見て、そのうちの何%が購入した…といったようなデータを見れるビジネスレポートを見ることができます。
また、日次や週次など細かく期間を指定して売上なども商品・カテゴリごとに細かく見ることができるので、その後の仕入の貴重な指標にもなります。
ある程度出品が増えてきて期間が経つと見ているのが楽しくなると思いますよ(*^~^)

いかかでしょうか?ここまでメリットを述べてきましたが、これから攻めていく上でFBA出品は強い味方になります。

固定費用がかかってでもFBAアカウントでの登録をおすすめします。
※登録していただいてもノビタには1円も報酬は入りませんのでご安心?ください 笑
ちなみに最初の3ヶ月間は無料です。

次はデメリットです。

大口出品(FBA)のデメリット

月額4,900円のランニングコストがかかる

4ヶ月目から月額固定費用としてクレジットカードから引き落とされます。
以上です。笑

正直これしかデメリットは思いつきませんでした。

それくらいFBAをやらない理由が無いです。

恩恵のリターンの方が圧倒的に大きいので、本気で副収入を築きたい方は決して高くはない固定費のはずなので飛び込んできて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。