これまでの副業・実績とマインド的なこと

私の現在の職業と働き方を変えようと思ったきっかけ

私は現在、IT業界でWEB系の職種についています。
幸いにも残業のない環境であり、勉強をする時間が増えました。
自分のことについて考える時間も増えました。

そんなときに、ふと『このままずっと定年までゆっくり働くのかな?』と疑問を持つようになり、色々なことに挑戦してみたくなったのが2015年の初夏でした。

そして現在の残業の無い環境を活かして収入源を作ってまた独立をしたいという思いが芽生えました。

過去に株式会社を倒産させたトラウマに震えながらも、今度こそ計画的に足元を固めて副業を安定化し、サラリーマンという、時間と場所を束縛する働き方から解脱をしよう、と決意するのでした。

再発起以降の私の副業変遷とその実績

2015年09月 再発起を決意。税務署へ個人事業主の開業届を出す。

2015年09月 Amazonにて中国輸入販売を開始。

2015年10月 元手5万で始めた中国輸入で月商30万円の売上を達成。

2015年11月 バーコードリーダーを使ったビームせどり(国内転売)を開始。これもAmazonで売りさばく。

2015年12月 Amazonでの中国輸入販売+Amazonでの国内せどり転売で月商100万越えを達成。

2016年01月 Amazonだけのプラットフォーム依存を恐れ、EC-CUBEで試行錯誤の末に独自ECを構築。

2016年02月 名刺を作ってオリジナルECサイトを引っさげ、色々な国内の展示会に参加。一部国内メーカー数社からコスメ商品を直接卸して貰えるようになる。

2016年03月 ECサイトにクレジットカード決済システムを導入。ECサイト運営開始。

2016年04月 ECサイトを残しAmazonを収縮させる。(理由は次の項で)

2016年05月 WEBサイトをいくつか立ち上げて運営し始める。←New

色々なことをこの8ヶ月間でしてきましたが、会社員の余暇時間でゆったりとやってこれました。

5月以降はブログやその他WEBサイトの運営がメインになっています。

儲かっていたAmazon副業で撤退を決めた理由

私はなるべく時間に縛られたくありません。

儲かっていても激務というのは嫌な性分です。

そうならないライフラインを構築したいと常日頃から思っています。

これらのことを口に出すとかなりワガママに聞こるかと思いますが、そういったことも自分の努力次第で実現できるはずだと思っています。

願わくば大きなライフラインが1本あるより、小~中くらいのライフラインを幾つも作りたいです。

さらに言うとそれがオンライン環境とパソコン1台あれば出来るような仕事だと最高です。
※身体を壊して体力的な業務が辛いのもあります。

私はそんな時間と場所に縛られない働き方や生き方を目指しています。

そういう意味でノマドワーカーという働き方は私の目指す理想ののワークスタイルです。

そのため、売上が上がれば上がるほど儲かるけど忙しくなっていく輸入販売やせどりは辞めようと思いました。

なぜならこのビジネスは物販であるためどうしても仕入や検品・納品時の商品受け取りや発送など、常に一定の肉体労働と時間的拘束が必要になります。

月商100万を超えたころには週に3日は完全な肉体労働が必要にな状態になっていました。

売れるほど、成長するほど肉体的なマンパワーが必要になったのです。

これは私の理想とする働き方ではありません。
なぜなら時間と場所に縛られますから。(また、身体を更に痛める可能性もあります。)

その為現在は在庫を吐き出すだけにしており事業収縮をしている最中です。
(現在は撤退が完了しました。)

独自ECサイトもEC-CUBEを使ってオリジナルのものを構築しましたが、こちらも同じ理由で拡大には消極的です。
現在はECサイトで商品の注文が確定したら卸業者に連絡をし、仕入をしてから発送をしています。

しかしこれも成長させればさせるほど時間や場所に縛られるため飽くまで一時的な金策目的の副業と割り切っています。

ただ、完全に潰すのはもったいなくも感じており、EC構築や決済システムの審査・導入などの手間があったので、このまま潰すのはどうしようかな〜という感じです。

これから力を入れていこうと思っている副業

何度も言いますが私は、時間と場所に縛られない働き方をしたい、と言うのを大前提に動いています。

事業が大きくなってもそれが変わらない性質のビジネスが良いです。

そうなるとインターネット環境とパソコンのみで出来るビジネスに辿り着くわけです。

アフィリエイトやAdSenseなどの広告収入あたりが理想的だと考えています。

最近だとプロブロガーと呼ばれる方も増えてきましたし、ブログでガンガンして稼いでる学生や新卒くらいの年齢の方なども多く出てきましたよね。

私はそういう自分を全面に出したサイト運営は下糸は思いませんが、働き方的にはそう言った方向に行きたいと思っています。

そのためにはサイトを訪れるユーザーにとって有益な情報を発信しているWEBサイトを幾つも作らなければなりません。(1本柱は怖いので)

昨今は問題にもなった大手のキュレーションサイトなども存在し、アフィリエイトバブルと呼ばれているほど流行っています。

激しい競争になりそうですが、そこは私なりに上手に頑張っていければなと思っています。

末筆とはなりますが、今後共『のまのまど』をよろしくお願い致します( *^_^*)

ノビタ

あわせて読みたい記事
だいぶ酷い私の経歴とこれからの展望